消費者金融でお金を借りる理由1位は「生活費」のため

株式会社NTTデータ経営研究所が2012年8月に行った調査によると、消費者金融を利用する人の理由は「生活を維持するため」「他社の借入金を返済するため」「ショッピングやレジャーのため」「趣味や遊行費のため」「おこづかいの補てんのため」の5つに分類でき、3分の1以上の人が「生活を維持するため」つまり生活費のために利用しているということです。

消費者金融でお金を借りる理由

5つのタイプの特徴は以下の通りです。

生活を維持するため

  1. 30代の既婚女性で家族構成は夫と子供

  2. 収入が減ってきており不安定

  3. 数社から比較的多額の借入れをしている

  4. きちんと返済している

  5. 貯蓄率は低い

  6. 持ち家率は高い

生活費ということで結婚して子供がいる女性の利用が多いようですね。

プロミスやレイクでは女性専用キャッシングをサービス提供していますが、このような背景があったのですね。

このタイプは38.2%の人が年収300万円未満で、貯蓄ゼロの割合が25.2%と高い傾向にあるということです。

他社の借入金を返済するため

  1. 40代男性で結婚していない人が多い

  2. 5社以上からかなり高額の借入れをしている

  3. 返済を1ヶ月以上滞納したことがあるなど計画的ではない

  4. 収入は安定しているが低い

  5. 貯蓄率も持ち家率も低い

40代の独身男性は複数社から借り入れしている人が多いようですね。

独身ということで、守るべき家族がいないので、お金に関しても無責任な部分があるのかもしれません。

このタイプは34.3%の人が年収300万円未満で、貯蓄ゼロの割合が29.4%と高い傾向にあるということです。

また、このタイプの12.7%の人が「弁護士や司法書士、弁護士会が行っている相談窓口」に相談しているということです。

返済に困っている様子が伺えます。

ショッピングやレジャーのため

  1. 30〜40代の既婚女性で家族構成は夫と子供

  2. 1社から比較的多額の金額を一時的に借り入れしている

  3. 収入は安定している

  4. 貯蓄率も持ち家率も高い

趣味や遊行費のため

  1. 40代の既婚男性で共働きの妻と子供がいる

  2. 複数の借入先から比較的多額の金額を借り入れしている

  3. きちんと返済している

  4. 社会的なステータスが高く収入も安定

  5. 貯蓄率も持ち家率も高い

おこづかいの補てんのため

  1. 20〜30代の既婚男性で専業主婦の妻と子供がいる

  2. 1社から小額の借り入れがある

  3. きちんと返済している

  4. 収入は安定して高い

  5. 貯蓄率も持ち家率も高い

このタイプは20.7%の人が年収800万円以上の高所得層ということです。

年収800万円以上で貯蓄率も高い人でも消費者金融でお金を借りることがあるんですね。

参考:NTTデータ経営研究所ニュースリリース:消費者金融利用者の人物像調査( 2012年8月16日)

審査が柔軟で融資までスピーディーなカードローン

アルバイト、派遣社員、パート、自営業、20歳以上の学生でも安定した定期収入があれば利用可能
実質年率 特徴
4.5〜17.8% 30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
平日14時までにWEB契約完了で当日振込
借入れ3秒診断。
融資額
1〜500万円
最短審査時間
最短30分
実質年率 特徴
3.0〜18.0% 30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
融資額
1〜800万円
最短審査時間
最短30分
実質年率 特徴
4.5〜18.0% 即日振込も可能
手続きはネットで全て完了。1000円台から借りられるのはアイフルだけ。
融資額
1000円〜500万円
最短審査時間
最短30分
実質年率 特徴
3.0〜18.0% 当日振込み可能
10秒簡易審査。
「PCからWEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし
融資額
1〜800万円
最短審査時間
最短30分